TACプロジェクトマネジメント講座について

TACでは、新人・若手レベルからプロジェクトマネジメント教育が必要だと考えています。
日々の仕事のなかにもひとりだけで実施するプロジェクトが存在し、先輩たちとともにプロジェクトに参加する機会も増加しています。プロジェクトへの関わり方は、仕事を始めたその日から、必要になっています。
プロジェクトマネジメントのノウハウを事前に学んでおくことは、日々変化する仕事の進め方を材料に経験・理解し、より効果的に身につくものです。また、結果が伴うために意欲と態度に効果的なフィードバックも期待できます。
それならば、早い時期からプロジェクトマネジメントを仕事に活かすことは、短期的にも長期的にも、とても効果的です。

TACプロジェクトマネジメント講座の特徴

プロジェクトマネジメント教育の両輪である「実務系」と「ヒューマン系」のプログラムをご用意

  • 「実務系」のコースは体系的な教育プログラムで階層別教育に対応

    新人からベテランレベルまでをカバーした、体系的な教育プログラムで階層別の教育に対応しています。
    各コースは演習をふんだんに取り入れることで、知識だけではなく、学習内容の実践を通じて実務能力が身につけられる構成となっています。

  • プロジェクトを支えるヒューマンスキル

    PMは知識の体系ですが、十分な効果を発揮させるためにはヒューマンスキルによる支えが重要です。
    プロジェクトマネジメントのスキルの効果を高めるために必須のヒューマンスキルコースもあわせてご提供いたします。

メインのキャリアキャリアパスを支援するための、資格試験対策のコースです

  • プロジェクトマネジメント関連資格取得をサポート

    学習した知識と能力の証明となる、各種プロジェクトマネジメント関連資格にも対応しています。
    キャリアのマイルストーンとして、資格取得もTACはサポートいたします。


個々のPMツールを使いこなすための個別コース

  • より高いレベルでPMツールを使いこなすためのコース

    プロジェクトマネジメントについての基本的なスキルを身につけた方へ、より実践的な内容として「プロジェクトマネジメントに関するツールの活用法」に関するコースもございます。


TACは、PM教育において世界標準化団体から認定を受けています。


PMI認定教育プロバイダー
PMI®はPMBOK® Guideを開発し、世界に発信している組織で、プロジェクトマネジメントの能力認定のためのPMP®試験の主催者団体です。
https://www.pmi-japan.org/
本サイトで紹介いたしましたコースは、PMP®資格の受験条件となる Contact Hoursおよび継続条件となるPDUを発行することが可能なコースです。
TACは、R.E.Pとして、提供するトレーニングコースに対しPDUを発行することを、PMI®によって承認されています。

CompTIA認定
プラチナパートナー
TACは、CompTIA認定プラチナパートナーです。
CompTIAとは、1982年に設立され、各IT分野の実務能力基準試験・認定などを行っているIT業界 団体です。欧米を中心とし10拠点を持ち、メンバー企業として118ヵ国約4,000機関(2011年1月現在)の団体が参加しています。TACは国内初のCompTIA対応トレーニングベンダーとして10年以上の実績を積んでいます。
CompTIA日本支局>>>
TAC CompTIA講座>>>

PMI Registered Education Providerロゴ、PMBOK、PMI、PMPは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute,Inc.)の登録商標です。